心豊かな暮らしをつくるー30代女性の好奇心

自分らしく生きるフリーランスの5857がお届けします

不妊治療

Tagged
初めての妊婦生活#3:妊娠7〜10週の経過と不妊治療からの卒業
妊娠7週の暮らしについて 6週の検診で授かったのは双子だったということがわかりました。 一人はかすかに心拍らしきものが確認できましたが、もう一人はよく見えず、妊娠確定はおあずけです。 そこで7週2日の検診。 しっかりもう一人もピコピコと心臓を動かしているのがわかりました!感激です。 CRL(赤ちゃんのサイズ。頭からお尻...
体外受精にはいくらかかるの?費用に幅があるのはなぜ?
今回は体外受精の費用の考え方についてお伝えします。 私が不妊治療を始めるとき、実際に費用がいくらかかるのか調べました。 そのとき人工授精に関しては大体1回あたりの費用感(相場)が出回っているのですが、体外受精に関してはサイトによってまちまちで、30万〜60万、70万、100万とあまりにも記載に幅があるのが気になっていま...
体外受精が決まったら。大まかな流れについて
こんにちは。5887です。 私の妊活・不妊治療の記録も「納得して体外受精のステップに進む」というところで止まっていました。 体外受精を決心してから、主治医にしたがって日々を過ごしています。 しばらく更新できていませんでしたが、自分で体験して実際の雰囲気などお伝えできることも見えてきたので、体外受精の流れについてご紹介し...
妊活の第六段階:今度こそ自分の意思で不妊治療再開。体外受精へ(2016.3〜)
こんにちは。5887です。 これまで私の妊活の道のりを長々とお伝えしてきましたが、ようやく「今」に追いついてきました。 前回お伝えした通り今年から生活はガラリと変わりました。 幸いにも単発のものも含めて業務委託でのお仕事もいくつかいただくことができ、自分の管理できる範囲で予定や仕事をやりくりして過ごしています。 心穏や...
妊活の第五段階:不妊の根本治療は?生活改善を考える(2015.12〜2016.2)
36歳になったころ、3回目の人工授精が残念な結果に終わりました。 心身ともに万全とは言えない状況が続き、仕事への集中力も欠いているように感じていました。 このまま、ただ病院の指示に従って治療に通っていくのでいいんだろうか? と不安になりました。 これまで行ってきた治療はあくまで妊娠する可能性を高める手助けにすぎません。...
妊活の第四段階:人工授精にかける日々と不意に訪れた体調不良(2015.8〜11)
4回のタイミング療法が実を結ぶことなく、次のステップ「人工授精」に進むことになりました。 それにしても人工授精って名前からにじみ出る「人工」感が半端ないですよね。 私の最初の印象は「なんかやだな」でした。 きちんと説明されないと、とりあえず拒絶したい気持ちになるのは普通の反応だという気がします。 人工授精とは?処置と毎...
妊活の第三段階:葛藤を乗り越えて不妊治療開始!まずはタイミング療法から(2015.4〜8)
結婚から1年以上経ち、神頼みまで始めた私。徐々に悲壮感が漂い始めました。 勉強や仕事と違って努力が必ずしも実を結ぶ世界ではないし、常に結果はイチかゼロか。 真面目な話、優等生で通ってきた私には「どうして私にできないのか」が一番こたえました。 夫は毎月生理が来てはブルーになる私を見るのが本当に辛かったと言います。 不妊に...
不妊治療に踏み切るべき?1年続けたいま、思うこと
私はいま36歳です。1年ほど前から不妊治療を続けています。 不妊治療。 今でこそさらりといえるようになりましたが、最初はすごく抵抗がありました。 不妊に悩み情報は集めているものの、なかなか踏み切れないと言う方、実は多いのではないでしょうか。 この一年続けてきたことと、実際に取り組んでみて思うことを素直に書いてみます。 ...