心豊かな暮らしをつくるー30代女性の好奇心

自分らしく生きるフリーランスの5857がお届けします

旅行

今しかない!旅物語:ハンガリー編 #2

今しかない!旅物語:ハンガリー編 #2

今回ブタペスト市内には5泊6日滞在しました。
友人の家に滞在させてもらい、だいたい半分は単独で市内・郊外の散策、もう半分は友人と一緒の行動だったと思います。
ほとんど市内近辺にいたので、観光スポットはだいたい回れたかと思いきや、実際、建物の中まで見学するほどは時間がなくて、流し見という感じでしょうか…。
やっぱりもう一回行かないと!(笑)

観光スポットに行っても日本人にはほとんど会いませんでしたね。
滞在期間で2回程度です。

ただ、短い滞在期間でしたが、私はまた来たい(いや、移住したいかも・・)と思うほど好きになりました。

もっと多くの方に知ってもらい、訪れてほしい!
いまその想いにあふれています。

ということで、ざっとブタペストの雰囲気をお伝えしていきましょう。

ブタペストってそもそもどこにあるの?

ブタペストはハンガリーの中央からやや北部、国全体にアクセスしやすい場所にあります。

ハンガリーの首都であり、同国最大の都市である。
「ブダペスト」として一つの市でドナウ川の両岸を占めるようになったのは1873年11月17日に西岸のブダとオーブダ、東岸のペストが合併してからである。
ドナウ川河畔に位置し、ハンガリーの政治、文化、商業、産業、交通の一大中心都市で、東・中央ヨーロッパ (en) では最大、欧州連合の市域人口では8番目に大きな都市である(wikipediaより引用)

人口は170〜180万人で、私の故郷である札幌よりやや少ないくらいでしょうか。

ブタペストに来たならここは押さえておきたい!観光の王道スポット

ハンガリーはヨーロッパのほぼ中央に位置し、これまで、ときの大国の勢力に巻き込まれて非常に複雑な歴史をたどっています。
その歴史の痕跡が様々な建造物に現れているのも見どころではないでしょうか。

ゴシック様式の荘厳な王宮や聖堂といった歴史的建造物は目を見張るものがあります。
細やかなところにハンガリー独自のデザインが組み込まれていたり、素人目にも、以前パリでみた古い建物とはまた違った趣を感じました。
街の一般的な住居も石造りの荘厳なデザインのものが多いです。
日本ではまず考えられないような築年数なのでしょう。窓枠や壁に何かがぶつかって石が削られた痕がちらほら見えるのですが、第1次・第2次世界大戦のときのまま残されているのだという話を聞きました。

また、バロック様式の建物の中に時折見え隠れする四角い無機質なビルは旧ソビエト連邦による政治的支配を受けていた頃の名残だといいます。
共産主義の人民共和国であった社会体制もいまはだいぶ変わりました。
ほんの20数年前の出来事だとは驚きですが、ペレストロイカやベルリンの壁崩壊の報道は確かに私が小学校高学年のころの衝撃だったな・・と記憶がよみがえりました。

代々王家の戴冠式が行われた由緒ある教会。オスマントルコの治世下ではモスクとして使われていましたが、その後本来の姿へと修復活動が行われています。修復の際、ハンガリー独自のデザインが加えられたこともこの存在感を作り出しているのでしょうか。

代々王家の戴冠式が行われた由緒ある教会。オスマントルコの治世下ではモスクとして使われていましたが、その後本来の姿へと修復活動が行われています。 修復の際、ハンガリー独自のデザインが加えられたこともこの存在感を作り出しているのでしょうか。 この前の広場に聖イシュトバーンの騎馬像と三位一体のモニュメントがあり、そちらも有名です。

マーチャーシュ聖堂のすぐそば、王宮の丘からドナウ川、ペスト地区を見下ろすところに位置します。世界で最も美しい砦と言われます。(ネオ・ロマネスク様式)

マーチャーシュ聖堂のすぐそば、王宮の丘からドナウ川、ペスト地区を見下ろすところに位置します。世界で最も美しい砦と言われます。(ネオ・ロマネスク様式)

 

ドナウ川岸辺、コッシュート広場に位置する国会議事堂です。ゴシック・リヴァイヴァル建築。 つい最近修復工事が終わったばかりとのこと、大変美しい姿でした。 ライトアップされた夜の姿は惚れ惚れします。

ドナウ川岸辺、コッシュート広場に位置する国会議事堂です。ゴシック・リヴァイヴァル建築。
つい最近修復工事が終わったばかりとのこと、大変美しい姿でした。
ライトアップされた夜の姿は惚れ惚れします。

ブタペストのオペラハウス。 中には皇帝専用の廊下があったりして大変趣きのある建物ですが、3階席は学生に無料開放するくらいカジュアルに使われています。(席代も日本円で600円程度!)音楽が生活に身近なんですね。

ブタペストのオペラハウス。
中には皇帝専用の廊下があったりして大変趣きのある建物ですが、3階席は学生に無料開放するくらいカジュアルに使われています。(席代も日本円で600円程度!)音楽が生活に身近なんですね。

世界遺産にも登録されている「アンドラーシ通り」の終点に位置する広場で、もっとも多くの観光客が訪れるそうです。建国 1000 年記念碑は高さ 36 m (118 フィート) の白い円柱で、頂上に大天使ガブリエルの像が飾られています。記念碑の後ろにある低い列柱には、戦争と平和、労働と繁栄、学問と栄光を象徴する銅像が並び、一体ずつがかなりの存在感です。記念碑の台座を囲むように置かれている騎馬像も立派です。895 年にハンガリー人を率いてカルパティア山脈を征服したアールパードとハンガリーの 7 つの部族の長を称えた像だそうです。

世界遺産にも登録されている「アンドラーシ通り」の終点に位置する広場で、もっとも多くの観光客が訪れるそうです。建国 1000 年記念碑は高さ 36 m (118 フィート) の白い円柱で、頂上に大天使ガブリエルの像が飾られています。記念碑の後ろにある低い列柱には、戦争と平和、労働と繁栄、学問と栄光を象徴する銅像が並び、一体ずつがかなりの存在感です。記念碑の台座を囲むように置かれている騎馬像も立派です。895 年にハンガリー人を率いてカルパティア山脈を征服したアールパードとハンガリーの 7 つの部族の長を称えた像だそうです。

自然が身近で、特別に飾り立てたり無理をしていない雰囲気が心地よい

ドナウ川が悠然と街の真ん中を流れていて、小高い丘のある旧ブタ地区と旧ペスト地区を結ぶ重要な箇所に橋が架けられています。
それらの橋には歴史的人物など、想いのこもった名前が付けられています。
交通網も整備されており、橋の上にも駅があります。
ジョギングする人、散歩する人、ビューポイントで記念写真を撮る人、いろいろな人とすれ違います。

ドナウ川のど真ん中、橋の上に撮影スポットを発見し、撮影した日常の姿。 クルージングツアーも頻繁にあるため、そのための船が両岸のあちこちに停泊している。

ドナウ川のど真ん中、橋の上に撮影スポットを発見し、撮影した日常の姿。
クルージングツアーも頻繁にあるため、そのための船が両岸のあちこちに停泊している。

ハンガリーの首都ブダペストにおいてエルジェーベト広場(Erzsébet tér)とヴァーロシュリゲットをつないでいる大通りで、その歴史は1872年に遡る。通りには、美しいファサード、階段室、内装などを備えた折衷主義的なネオルネサンス様式の宮殿や邸宅が立ち並んでおり、その地下を走るブダペスト地下鉄1号線などとともに、2002年にユネスコの世界遺産リストに登録された。(wikipediaより引用)

アンドラーシ通り〜ハンガリーの首都ブダペストにおいてエルジェーベト広場(Erzsébet tér)とヴァーロシュリゲットをつないでいる大通りで、その歴史は1872年に遡る。通りには、美しいファサード、階段室、内装などを備えた折衷主義的なネオルネサンス様式の宮殿や邸宅が立ち並んでおり、その地下を走るブダペスト地下鉄1号線などとともに、2002年にユネスコの世界遺産リストに登録された。(wikipediaより引用)

前回も書いた通り、基本的に緑が多く、街の中でも木陰を見つけるのは簡単です。
「その辺のベンチ」に腰掛けて友人やパートナーと語らったり、子供を遊ばせている人々の様子はとても和やかで、微笑ましいものがあります。

そういえば、ブタペストでは大型犬を散歩させる人を大勢見かけました。

リードをつけていない事が多いのですが、きちんと躾されているのが一目見て分かります。のびのび楽しそうに歩くさまは「ゴキゲン」そのもの。それでいて、主人にしっかり目や意識を向けています。

大事にされている様子がとても微笑ましく、見ていて飽きませんでした。

ヴァイダフニャド城はヨーロッパ最大の農業博物館を有し、周りをスケートリンクで囲まれているユニークなお城で、風貌は中世のお城のイメージそのもの。その周りの公園は市民の憩いの場で、犬を散歩させる人も数多く見られました。

ヴァイダフニャド城はヨーロッパ最大の農業博物館を有し、周りをスケートリンクで囲まれているユニークなお城で、風貌は中世のお城のイメージそのもの。その周りの公園は市民の憩いの場で、犬を散歩させる人も数多く見られました。

市内観光に欠かせないアシ=交通網やグルメなど、人々の暮らしに関する記録はまた次回。

By